みちのく潮風トレイル 6日目 7月30日(金) 陸中野田駅~久慈駅 26.5㎞

 今回も車で久慈駅へ移動して付近の駐車場に駐車させてもらい、6:53発の三陸鉄道で陸中野田駅へ移動して7:07にスタートしました。   
 波も穏やかだったため、本ルートの大唐の倉を歩くことにしました。北上ルートからは野田漁港の奥まで進まないと通行できるか確認できませんでした。この日は結構岩場まで波が来ていましたが、波が引いた瞬間にダッシュして何とか通過しました。余程条件が良い日でなければ北上ルートの場合は迂回路を通行した方が無難だなと思いました。ちなみに南下ルートの場合は久喜浜からこんな感じで波の状況を確認できました。

 今日の久慈市久喜付近も濃いやませが覆い被さっていました。いよいよ難路の久慈市久喜~三崎ルートに入ります。入口の砂浜からは太平洋や黒崎付近が一望できる絶景ポイントでした。 久喜~三崎はやはりやませの影響で海岸の景色を楽しむことは敵いませんでしたが、高さ100mを超える断崖を数か所乗り越え、黙々と小袖に向けて足を速めました。

 難路を抜けて小袖まで来ました。細い路地のガードレールにはみちのく潮風トレイルの標識シールが貼ってあり、そこを通っていくと浜見崎から久慈市侍浜辺りを望むことができました。

 昼食を予定していた小袖海女センターは残念ながらお休みでした。ここからは小袖海岸の舗装路を歩きました。1車線でカーブも多く歩道がないので特に車がすれ違う時は注意が必要です。途中には落差約20mの五丈の滝、つりがね洞や兜岩などがあり見どころが満載でした。

6日目のタイムスケジュール(実績)は次のとおりでした。
〇タイムスケジュール
 陸中野田駅7:07→大唐の倉7:40→久喜浜8:32→浜見崎12:08→小袖海女センター12:17 →五丈の滝12:46→つりがね洞12:52→兜岩13:00→諏訪神社13:50→久慈駅14:30

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です