みちのく潮風トレイル(北侍浜→久慈市諏訪緑地)4日目

明け方「ボツボツボツっ」という雨音で目を覚ましました。ツェルトの外に出てみると、雨は降っていないものの濃い霧に包まれていて、木々に霧の水滴が着き、風が吹くと雨のように降ってきている状況でした。タープのおかげでツェルトはあまり濡れていませんが、タープはすっかり濡れていました。しかし8時くらいになると霧が薄くなり水滴も落ちてこなくなったので、タオルで拭き上げて撤収することが出来ました。


この日の前半は麦生集落まではほとんど自然道を歩きます。霧の中で涼しく快適に歩くことが出来ましたが、麦生集落からの舗装路は、前日までのアスファルト歩きの疲れからか、だいぶ足取りが重くなりました。もぐらんぴあを過ぎて久慈川河口の堤防の上を歩きます。初日に車を停めた陸中野田駅へ行くバスの時間が迫って来ていて、疲れた体にムチを打って急ぎ目に歩きました。トレイルコースの橋は工事中ですが、歩行者は通行可能ですので、コース通りに歩くことが出来ます。工事が終了すれば堤防から直接この橋に入れるようになると思います。ここを過ぎ、諏訪緑地前バス停でバスに乗車し一旦終了です。

この日のYAMAPログはコチラ:

みちのく潮風トレイル(北侍浜→諏訪緑地)-2021-07-02 | YAMAP / ヤマップ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です